七割打者のティーバッティング

文化系クズでホワイト職場のサラリーマンが直感のみで書く雑記。よくて精度70%。仕事風景、恋愛、都市、その他考察など

正月は和算で知的に遊ぼうと思ったが自分の心は少年すぎた

高松市の中心部から少し歩くぐらいの場所に、石清尾八幡宮という神社がある。讃岐国一宮ではないが、高松の氏神として、創建1100年、現在の場所で約350年もの間信仰されている。香川県神社庁が所在し、見た目にも格式を感じさせる神社だ。 この神社に「算額…

「歳をとると涙もろくなる」ことと「感動」のしくみ

「歳をとると涙もろくなる」と言われている。チコちゃんが言うには、加齢によって前頭葉が老化し、感情を抑制する機能が低下することと、人生経験を積み重ねたことによって共感力が向上することが理由である。 NHK 総合 11/16 19:57 チコちゃんに叱られる!▽…

リアルで言えないことばかりブログに書く自分をこう分類する

昨夜、職場から家までの道をとぼとぼ歩きながら、僕は無意識に「書きたい」「書くことがないけど書きたい」と呟いていた。確かに書きたいのだけど、書くことは本当にない。いつものことだが、書きたいテーマが浮かんだ時、仕事中などですぐには書けない状況…

年賀状文化が残存する職場に異動した年賀状卒業者の思考

世の中は、華やかなクリスマスムード一色に見える。しかし、その陰で、この時期には多くの人の頭上に鉛色の雲のようにまとわりつく、どんよりした気分がある。年賀状をつくらなきゃ…という負担感だ。特に子育て中の主婦は、全体のデザインを選び、今年の家族…

「すべらない話」をブログに置き換えてみて、芸としての文章を書きたいと思った

「人志松本のすべらない話」というテレビ番組の存在は、多くの人が知っていると思う。落語とはまた別の、立派な現代の話芸であると僕は思っており、テレビではなくYouTubeで、小籔千豊の出ている回を中心に視聴している。 小籔は面白すぎる。繰り返しを多用…

近年、自分が内心「こうなればいいのに」と思ったことの実現が早まっている

誰でもそうだと思うが、日々の生活の中で、世の中に対し「こうなればいいのに」、「これをやってみればいいのに」とか、自分の住まう地域について「こんな風に変わればいいのに」などと思うことがよくある。最近、僕はこのことに関して恐ろしい事実に気がつ…

人事異動は自分が死ぬときのシミュレーションになる

僕は、今年の4月に今のホワイト職場に転勤した。それまでは、系列会社に数年間出向していた。 そこはほとんどブラックだと言ってよかった。本当に、冗談みたいにいろいろなことが起こる職場だった。しかも恐ろしく慌ただしく、忙しい。1年のうち360日ぐらい…

通勤途中「うだつが上がらない」生き方の有効性について検討した

ある朝の通勤風景。 その日は、夜6時以降雨が降るという予報だったので、僕は傘を持って家を出た。自宅から職場は2km弱なので、いつも徒歩で通勤している。職場は、某県の県庁所在地中心部にある。職場に近づくにつれ、歩道は大勢の勤め人や学生で溢れかえる…

「趣味は街歩き」と人に言いたいが、自分のは性癖レベルだから言えない

僕の趣味は街歩きです。都市の中心部メインで、特に大都市を歩くのが好きです。大都市はビル街が迫力あるし、小さい都市はすぐ街の端っこに出ちゃうから。旅行に行ったら、つい色々歩いちゃいますね。と誰かに言われたとしたら、僕は、ほ~感じのいい趣味だ…

常套句「わたし、キスは好き」は高級な欺瞞

「私、キスは好き。エッチは正直どっちでもいいけど。」僕はこの言葉を、少なくない数の女性から聞いたことがある。彼女達の共通点は、年齢がアラフォー からアラフィフという点だ。 詳しくは描写しないが、言っている場所が場所、シチュエーションがシチュ…

ブログ初心者定点観測② 世のブロガーが賢すぎに思える

このブログで人生初の記事を書いてから2週間、なんとか10本目の記事を書き終えた。最初の区切りで立ち止まり、振り返ってみるが、とにかく、当初の予想に反して書くネタが湧いて来なかったという感想しかない。たった10本で見切りをつけるが、僕の方向性とし…

プロブロガー界隈は、2000年代の願望実現界隈に似ている

先日、「『好きを仕事に』と発信する人達のやることはなぜ似通う」という記事を書いた。その記事を一部分割してこちらに移している。www.mori-zoux.bizその記事では、ブログ初心者の僕としては、ブログ界の頂と思われたプロブロガー界隈に憧れを持てない旨を…

仕事を私物化して抱え込むわりに忙しいアピールする部下を更正させたい

ミドルマネージャー層に属する僕には、仕事を抱え込む部下がいる。多くのこまごました案件を抱え、いつも残業している。本人は丁寧にやりたいタイプなので、時間がかかりがちではあるが、割り当てられている担当業務からするとそこまで残業が必要かは疑問だ…

四国名物、松山高松どっちが都会論争。両方に長年住んだ男の見解

地方には、それぞれ中心都市がある。北海道は札幌市、東北地方は仙台市、九州地方は福岡市、中国地方なら広島市だ。これらはいずれも政令指定都市で、人口100万人を超える大都市である。プロ野球チームの本拠地もある。これらの地方および三大都市圏を除く地…

サラリーマン大いに結構論

僕がブログを書き始めて約10日、やはり目を引くのはプロブロガーの人達だ。その周辺も含め、会社を辞める、好きなことをして生きていく系の主張が多いが、サラリーマンの良さを伝える人はなかなかいない。 それは、脱サラしたあるいはしたい人の発信だから当…

「好きを仕事に」と発信する人達のやることはなぜ似通う

プロブロガー界隈、この「界隈」という響きに少なからず揶揄するニュアンスが感じられなくもないが、どこかで見つけてしっくり来た言葉だったので使わせてもらっている。 彼らの共通点は、何といってもブログで稼いでいるところだが、「好きなことをして生き…

ダイエット後、あえて増量したら案外リバウンド抑制になった

今年、2か月で13kg減量した。体重を落とすだけなら、自分に合ったやり方で途中で止めなければ結果は出る。 問題は、結果を出した後だ。 せっかく減量に成功し、目標体重という山の頂上まで登れたとしても、必ず、そこから下りることになる。いわゆるリバウン…

20年ぶりの床屋で、AI時代と理容業の未来を考えた

20年前、僕が最後に美容院に行った際の、実にしょうもないエピソードを書いた。 www.mori-zoux.bizその記事の終わりに書いた、長年の空白を経て床屋さんに行った時のことを記録する。 僕が行ったのは、自宅から徒歩数分のところにある理髪店だ。周囲300mには…

面倒がって否定しなかったら、会話が想像を超える袋小路に迷い込んだ話

僕は、今でこそ元コミュ障を自称しているが、内向的なところは何年経ってもさほど変わらない。 とはいえ、大学生の頃の自分のコミュ障ぶりは特に顕著で、本当に人と接すること自体に苦労した。ごく少数の友人をのぞいては、できるだけ会話の労力を少なくしよ…

ブログ初心者定点観測① 書き方がわからない

ここ15年ぐらい、僕は、ふんブログなんて読む暇あったら本読むわ…と思っていたが、突然思い立ってブログを書くことにした。というのも、アウトプットを前提にすると、日々の細かいことへの感度が全く変わることに気づいたからだ。今までスルーしていたことで…


プライバシーポリシー